スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - - -
カバーマーク(長いです)
イイ(・∀・)!!
左より
・ラスティングベース
・<ジャスミーカラー>エッセンスファンデーション リキッド(YP10)
・ブライトアップファンデーション(Y-1)

先日、汗でファンデが濁ってくすんでしまったことから、
「くすまないファンデに変えよう」と思い立ち、カバマへ行ってみました。

ジャスミーカラー。
@で定評がありますね。
以下、カバマで頂いた冊子より。

「正解色」を導きだす鍵「スキンアンダートーン」
肌色は、目に見える表面的な色だけでなく、
血流に含まれる色素の影響を受けています。
カバーマークの<ジャスミーカラー>の肌色選びは、
この血流の色影響「スキンアンダートーン」が
ブルーベースかイエローベースかに基づき、「正解色」を決定。
本来生まれ持つ肌のトーンから導き出される色だから、
透明感と自然な血色のある肌が一日持続。
気になる部分も上手にカムフラージュできます。


ジャスミーカラーはブルーベース系6色とイエローベース系6色、そしてホワイトがあります。
肌色が変わってもブルベ系からイエベ系(またはその逆)になることはないそうです。
スキンアンダートーンは、えぇと、肌色には3層のフィルターがありまして、
まずは動脈の赤(ヘモグロビン)のフィルター、その上に静脈の青(ヘモグロビン)のフィルター、そして黄の表皮(メラニン/カロテン)のフィルターが重なっていて、青色のフィルターがブルベは強く、イエベは弱いと・・
言う事でいいのかな。たぶん。

ファンデーションの色味を合わせるにあたり、まずはカラー診断です。
両腕の内側にブルベ色3つとイエベ色3つを塗り暫くおきます。
そしてライトを当ててました。
この時点でなんとなくイエベ色の方が肌色が冴えて見えたのでイエベなのだろうなと思っていました。
最終判断はフェースラインで。
やはり同じようにブルベ色3つとイエベ色3つを塗りライトを当てます。
すると、塗ったか塗ってないか分らないくらい馴染んでるところが1箇所あったのです。
私の「正解色」はイエベ系のYP10とのことでした。
YP10は明るくて赤味の強いイエベ色。
こうもぴったりな色味があるものだなーと感動してしまいました。

ジャスミーカラーの素敵なところはやはり「くすみにくい」ところだと思います。
勿論、個人差はあると思いますが、私には良かったです。
時間が経つと若干崩れますが、汚い崩れ方をしない。
汗をかいても濁らないのが良いです。

このファンデの仕上げにはお粉が必須だそうです。
ルースパウダーはこのとき余裕がなくて買えなかったのですが、とりあえず手持ちのものを使おうと思います。
下地は写真左のラスティングベース。SPF27 PA++
手持ちの下地がどれもこれも(というほど種類持ってませんが)色つきなので、そうなると折角のジャスミー理論が無駄になってしまうので購入。
ちょっと日焼け止めっぽい香りがします。
よく言えば甘い香り。
付け心地は軽くて、且つしっとりしてて良いです。

そして年中クマを飼ってる私は藁にも縋る思いでコンシーラー(写真右)も購入。
これは普通のコンシーラーでした。
でもあまり乾燥しないかな。
以前、別のカウンターで「青クマに」と勧められたオレンジのコンシーラーが赤黒くなってダメだったのですが、こちらは良い感じに自然に明るくなります。
完全には消えませんけどね、クマ。
コンシーラー選びは難しい。

さて、カバーマーク店頭。
私が接客してもらってたときにやってきたお客さんは皆、おばあちゃんでした。
常連さんぽい人が殆ど。
いつまでもキレイで、、という感じで微笑ましいです・:*:・(*´ー`*)・:*:・
私も歳を重ねてもお洒落を忘れないぞー。
その前に痩せないとね。。ウワッハッハ。
BAさんが良い感じでした。
私の中で重要なのは「押し付けがましくない」ということなのですが、カバマのBAさん良かったよ。
説明も丁寧だし、あれ買えこれ買えというオーラが出てないし。

よいBAさんとよいファンデに出会えたので、リピートしたいな。
ネットで安く買えるみたいだけど、ここは敢えて店頭で買いたいなー、と思いました。

(・e・)

ランキングへ。
16:26 COVERMARK comments(6) trackbacks(0)
Log in | RSS1.0 | Atom0.3 | page top |
Material by DOLL
Template by mameshiba
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.